HOME  PRODUCTS  < ACCESSORIES

高品質SPスタンド
grandezza SPK


grandezzaSPKシリーズの特長

スタンドの役目と従来機器の問題:

スピーカースタンドの第一の目的は、室内に置けるスピーカー高さの適切化です。耳の高さに合わせるという目的も有りますが、天井高さを考慮して、適切なドライブポイントにユニットを持ってくる、という重要な役割があります。同時に、スピーカーの振動をどう受け、どう逃がしていくか、という振動伝達の役割も担います。
従来の技術思想の流れは、基本的に無共振化の方向です。不要な色づけを排する、という忠実思想です。振動を重さ硬さで強制的に押さえつけ、床という大きな質量に素早く伝えて、アースしよう、というものでした。
しかし、現実問題、殆どのフローリング床はスピーカーキャビネットのような剛性もありません。またコンクリートダイレクトの床では、硬すぎて音楽的に豊かな響きが無く、耳に付く高音域のハネカエリがかえってきて、セッティングが神経質になる、という問題を内包していました。

イルンゴの設計思想

イルンゴでは振動問題に着眼しました。
grandezzaSPKは、その重量、剛性、どれをとっても無共振思想と誇らしげに語ってもおかしくないほどの物量を投じています。従来技術の流れの中にある真実はしっかり伝承しています。
しかし、根底には万物はみな振動する、叩けば音がする、という前提で、「アコースティック楽器との親和性」を重要視しよう、という思想で設計されいます。
その結果、grandezzaSPKには一切のネジ、クギが存在しません。 木を積層するにあたってもその方向性が重要です。柱の組み方も重要です。
置き台自体が鳴らないようにする・・・のでなく(それは不可能なので)、鳴ったときにもっともストレス無く伸びやかに、楽器となじみやすい響き方はどうあるべきか、という視点で形状や組み方が決められています。
木の組み方も相互に無理な力を加えてストレスを発生するような強度の出し方は、音が硬くなります。grandezzaSPKでは必要十分な強度をキープしながらも、不要な力みやストレスが木材に加わらないような力の逃がし方をしています。その結果、スピーカーが無理のない音を朗々と奏でてくれます。

音質効果


ローコストの小型スピーカーであっても、その隠れた実力を存分に発揮して驚くほどの歌い方をしてくれます。現に12センチ2WAYとスーパーウーハーを併用している方が、スーパーウーハーが不要になった、という結果がでています。非常にスムーズで、豊かで楽々と音楽が鳴ります。いままで必要だった機器の細かなセッティング、微妙なセッティングが、grandezzaSPK導入で、あっさりと鳴り出してきた、という事例があります。
grandezzaSPKは、多くの市販スタンドより高価です。しかし、10万円のスピーカーを200万円のアンプでドライブすると200万円の音がする・・と云われるのと同様に、 クラスを遙かに超えた音質を約束できるスタンドです。

形状、寸法、色、仕上げ


grandezzaSPKは、一生モノと惚れ込んだスピーカーから最大の能力を発揮させようと考えているオーディオファイルの要望に応えるための製品です。
寸法は全て愛用スピーカーに合わせて、ピッタリのサイズを製作します。音の響きの点からも、非対称設置にならず、理想的なのです。
色も木目を生かしたナチュラルブラック(NB)、光沢を生かしたブリリアントブラック(BB)、家具調ウオールナット(WN)から選べます。
なお光沢のBBは別価格です。

仕様
本製品は全て受注設計、受注生産ですので、価格も、詳細仕様によって変わります。

寸法:ご愛用のスピーカーに合わせ作図後、ご発注者の確認を頂きます。

目安となる価格:受注事例では30万円(片側1台/消費税込み)程度から、40万円台後半まであります。

地方発送の場合、別途木枠梱包費用と輸送料が発生します。

<参考>
写真サンプルの寸法(mm)
・床設置面の寸法:328*580
・スピーカー設置面の寸法:240*410
・高さ:750
・柱の太さ:180*120(長円)
・板厚:120
・重さ:約37kg




高品質オーディオボード
grandezza
イルンゴの作るgrndezzaは音響木材の王様、アピトン合板をふんだんに使用した贅沢なオーディオ専用置き台です。

grandezzaシリーズの特長

金属や化学合成物質を多用した置き台が市場に溢れていますが、イルンゴ・オーディオでは、純粋な自然素材の良さを活かすのが音楽再生には適切だと判断、良質の木材に注目しました。
音響木材の王様と云われるアピトンは比重が約1.0前後、水に沈む木材とも云われています。硬くて重くはあっても黒檀や紫檀のようにカチカチでなく、響きの美しさを保ちながらも密度感が抜きんでています。それゆえ、その緻密な音への評価は絶大なものがありますが、高価で入手が難しいこともあって、今では一部の高級スピーカにしか使われていません。

イルンゴのgrandezzaシリーズは、標準でも60mm厚、CDプレーヤ用は75mm、当社機器専用grandezza205は、なんと90m厚であり、もはやボードというよりウッドブロックです。機器のメカニカルグランドとしての役割を担うに十分な厚さといえましょう。
合板の積層には音響用の接着剤を使用し高圧力下で固めます。稜線(エッジ)はすべて丸みをもたせ、振動の内部反射に対応させています。
低音の輪郭がボケることなく、締まっていながら豊かでベースが弾みます。定位感がシャープになり響きが美しいため消え入るような微細な余韻が再生できます。包まれるような豊かさとボケのない高解像感を両立できる希有な置き台です。

仕様

1,crescendo205用 grandezza205 (表面に専用の穴あり)     
  200*250*90
  ¥32,550(消費税込み)本体価格¥31,000 + 消費税¥1,550
 
2,model705用 grandezza705
  400*300*90
  ¥56,700(消費税込み)本体価格¥54,000 + 消費税¥2,700

3,CDPトランスポート用 grandezzaCDP 
  450*400*75
  ¥68,250(消費税込み)本体価格¥65,000 + 消費税¥3,250

4,標準棚板スタイル grandezzaSTD
  488*439*60
  ¥67,200(消費税込み)本体価格¥64,000 + 消費税¥3,200

表面仕上げ:黒色半艶

特注製品について

特殊サイズボード、大型サイズのフロワ型スピーカ置き台、オーディオラックなど、各種の特注にも応じています。
当社まで直接お問い合わせ下さい。








天然皮革製インシュレータ
sonorite-R

sonorite-Rの特長


オリジナルモデルsonoriteは硬さの違う天然皮革を、硬さの順に、あたかもグラデーションの様に重ね、防振を考慮した接着方法で積層された全く新しい方式の、画期的なインシュレータです。自然素材を加工したsonoriteはアコースティック楽器の響きと高い親和性を示し、楽器演奏者など生の楽器の音に慣れ親しんだ方々に絶賛されています。金属系や高分子系樹脂インシュレータの場合、素材の均一性がその素材固有の響きとなって現れやすい弱点を持つのに対し、sonoriteは、人工的でなく自然界に存在する音の響きを得やすいインシュレータです。

開発の経緯


イルンゴでは1998年、パッシブフェーダーcrescendo205開発時に徹底した試聴を繰り返し、皮の応用にたどり着きました。 革の繊維を活かし、また長期間の使用に対して変質しないための薬品処理をしています。この結果、音的にしっかりした表情を得ることに成功し、深い奥行き、音場と力強い音像を両立させています。crescendo205開発時点で制作された初期モデルから2年を経て、皮の枚数、厚さ、接着剤などの改善が行われ、広い目的での使用を考慮した単品sonoriteとして完成されました。

進化モデルのsonorite-R

sonorite-Rは、パッシブフェーダーcrescendo205の最新バージョンSNのために開発された製品で、より高い防振効果を狙っています。
sonorite-Rは基本的な設計思想はsonoriteと同じですが、sonoriteよりもさらに皮の積層枚数が多く、皮質も違い、積層接着圧力や接着剤の性質も、より振動吸収に適応性を持たせ、内部損失を大きく設計しています。
したがってsonorite-Rは音の力強さを「音の硬さ」で表現している装置では、欠点を解消するより問題点を露呈させることもあります。しかし、すでに相当なレベルに達している装置であればあるほど、より深い響きや、最低音域での、部屋の空気を揺らすような空気感まで引き出す効果を持ちます。sonorite-Rは上級者向きのチューニンググッズです。

sonorite-Rの応用

sonoriteはアンプやCDプレーヤに限らず、大型ホーンの下に使うなどできます。また重量級スピーカーの下にすら敷くこともできます。もちろんアナログプレーヤの足下にも応用できます。

sonorite-Rの音質効果

sonorite-Rを使用すると、中低音の厚みが増し、クラシックではアコースティック楽器の響き、殊に弦楽器の胴鳴りなどが豊かに鳴り響きます。またジャズではサックスがやせ細らず太く、CDでもアナログ的な音の効果、感触が得られます。取り扱いは極めてアナログ的で、上に乗せる機器の底板の響きをどのようにコントロールするか、振動モードを考えた使い方が必要です。その点で使い手の腕とと耳が試されます。アナログレコード時代にカートリッジ周辺パーツで装置の音をコントロールしたのと同様以上に、音質チューンがたっぷり楽しめます。

仕様

品名: 天然皮革インシュレーター
ソノリーテ=イタリア語=音楽用語:「音の響き具合」という意味です。
寸法:直径13mm 高さ:約9mm
セット内容:4個/箱 重量:約1g/個

定価:sonorite-R ¥10,500(消費税込み)¥10,000(本体価格)+ ¥500(消費税)

sonorite-Rは皮の切り出しから完成まで熟練者による完全手加工品で、オーディオ用として年に数回ごく少量生産されます。
在庫の無い場合、若干の製作期間を戴きます。

左右SP用ペアマッチ仕様のsonorite-R

スピーカー用にsonorite-Rをご使用の場合は、左右8個をペアマッチさせての出荷も承っています。なお製作ロット毎に、隣接した皮からペアマッチを採取しますので数量が限定されています。詳しくは当社までご相談下さい。

 




WBT専用樹脂スリーブ
WBS-1


WBS-1はコレットチャック方式のRCAプラグとして実績のあるドイツWBT社のRCAプラグ専用の樹脂スリーブです。オリジナルの金属スリーブは2ピース構造のためガタがあって振動による鳴きや、金属であることで迷走電流が流れます。 イルンゴ・オーディオでは金属スリーブに換えて樹脂製のスリーブを開発、音質的にも飛躍的な効果を得ることに成功しましたので、WBT社のRCAプラグを採用している当社animatoシリーズケーブルの補完パーツとして販売します。

製品の特長

1:材質および色:ナイロン系エンジニアリングプラスティック、ブルー。
各種の材質と色を試作しましたが、この材質と色がもっともスムーズなことが判明しました。オーディオ界では着色原料による音の違いは古くから云われています。アルミの白や黒のボディが主流のオーディオ機器のなかで文字通り「異色」であります。しかし、多くの場合、機器の裏側にセッティングされることでもあり、この音質効果を優先してブルーを採用しました。

2:構造:切削1ピース構造。
WBS-1は、樹脂の丸棒から1個づつ手加工で切削しています。両端の内径に対して内部の直径の方が大きな構造ゆえ、原理的に金型での量産が出来ません。

音質的な効果

機械的なガタが取れることと、材質固有のもつ響きがしなやかなこととの相乗効果で、高音域の派手な響きが取れ非常にスムーズになります。(同じ樹脂類であっても、成分製作方法でまったく音の響きが変わり、派手な音になるものもあるのです)
またオリジナルスリーブ(WBT0101)がニッケルの下地メッキされていることも原因です。WBS-1は絶縁体のため金属間に迷走電流が流れることもなく、振動を誘起する渦電流も発生しないので、効果が非常に大きなものとなります。中低域の音の出方も、楽音の余韻が気持ちよく出て、あたかもスピーカーBOXが一回り大きくなったようなスムーズさが得られます。今まで感じていた電気的なクセ・・・・のような部分が解消されます。
寸法的にはWBT0144にも適合します。

仕様

品名:WBS-1
外形寸法:33(長さ)*15.5(外径) 
重さ:約3.5グラム/個
定価:¥10,500(2個/箱)(消費税込み)¥10,000(税抜き本体価格)+ ¥500(消費税)